toshiboo’s blog 2

iPhone mac ガジェット グッズ など、ハッピーライフにちょっと役立つ話とかあるかも

チオビタ vs バイタルミン 飲み比べ!




最近夏バテというか、ガン冷え職場とクーラーなしの自宅との寒暖差でぐったりしてしまっています。

で、数年ぶりにエナジードリンクというか栄養ドリンクなんぞを買ってみてちょっと瞬間的には元気になったりしました。

これも常用していると、慣れてしまって元気になってる実感はなくなってくるんですがね。

しかし、何らかのおまじないとして飲んでおかなきゃいけないって気になってくるんですよね😅

ユンケルとか強力そうなのは、慣れていざという時に効いてくれないと困るので取っておこうと思います。まあ経済的にも厳しいですし。

というわけで、常用するとなるとなるべくコストを抑えたいこともあり最初にチオビタドリンクを買ってみました。

これがまあ、意外とハマってしまって。

続いて、近くのドラッグストアで10本 1,000円弱だった"タウリン3000mg"のバイタルミン3000がAmazonで安かったので買ってみました。

Amazonだと両方とも一本あたり60円程度です。


という経緯なのですが、せっかくなのでレビューしたいと思います。

f:id:toshiboo777:20180714170915j:plain


見た目

瓶ラベルのデザイン

チオビタの圧倒的ブランド力からくる信頼感に対し、バイタルミンに圧倒的胡散臭さを感じます😅

どうにかならなかったのかと思いますが、デザインにコストをかけず中身で勝負というコストパフォーマンスの高さの弊害とも言えるでしょう。たぶん。


中身の色

ほぼ一緒。

f:id:toshiboo777:20180714171259j:plain 左がバイタルミン3000、右がチオビタドリンク


この蛍光イエローでビタミン入っている感が強調されるのでしょう。

気持ちバイタルミンの方が淡い色になっています。


成分

【成分・分量】( 100ml 中 )

バイタルミンの表記

バイタルミン3000

チオビタドリンク

【成分・分量】( 100ml 中 )

チオビタの表記

カロリー

70kcal

70kcal

カロリー

タウリン

3000mg

1000mg

タウリン

 

 

50mg

イノシトール

ニコチン酸アミド

20mg

20mg

ニコチン酸アミド

ビタミンB1塩酸塩

10mg

5mg

チアミン硝化物

(ビタミンB1)

ビタミンB2リン酸エステル

5mg

5mg

リボフラビンリン酸

エステルナトリウム

(ビタミンB2)

ビタミンB6

6mg

5mg

ピリドキシン塩酸塩

(ビタミンB6)

 

 

100mg

カルニチン塩化物

カフェイン

50mg

50mg

無水カフェイン

添加物

ハチミツ、酒石酸、dl-リンゴ酸、白糖、塩化Na、エタノール、D-ソルビトール、パラベン、安息香酸Na、プロピレングリコール、香料(アルコール含有0.2ml 以下)

果糖ブドウ糖液糖、DL-リンゴ酸、没食子酸プロピル、安息香酸Na、pH調整剤、クエン酸、クエン酸Na、D-ソルビトール、バニリン、エチルバニリン、香料

添加物


こういう成分表になっています。 バイタルミンの方にないイノシトールはビタミンB群の一種で、カルニチンは燃焼系アミノ酸でサプリなんかでよく見ますね。

チオビタドリンクはタウリンが少ない代わりに、有効成分の種類が多いです。


f:id:toshiboo777:20180714175713j:plain


テイスティング

匂い

ほぼ一緒です。例の栄養ドリンクのあの匂いです。


バイタルミン3000

バイタルミンの方が少しすっきりしています。

バインのような味付けで後味が少し甘くてピリッとする感じ(わかりますかね?)ですが気にはなりません。

比較的飲みやすいです。


チオビタドリンク書く

チオビタの方はまろやかです。

ただ、そのまろやかさは薬の匂いを隠しているかのような感じもしました。

薬っぽい匂いがバイタルミンより強いのですが、栄養ドリンクとしてより効いている気分になりやすいです。

比較すれば後味にほんの少し苦味を感じますが、これも薬感を演出していると思えなくもないです。


f:id:toshiboo777:20180715174336j:plain


まとめ

色も味も薬感もチオビタの方が濃いので、効いている感じがします。

ただパッケージに3000とでかでかと書いてあるのでバイタルミンの方が効いている気もします。

まあ、その程度のものです(笑)


双方とも15才以上1日1回(100mL)となっておりますので、用法用量を守って、元気やる気の雰囲気作りに役立ててください!